入れ歯の臭いと変形、判定:入れ歯の悩み!

入れ歯の臭いと変形、判定

・入れ歯のニオイが気になる
入れ歯には特有のニオイがありますが、それが口臭と混じり合ってさらに不快なニオイを発することも多いです。
入れ歯の素材が樹脂であれば、樹脂がニオイを吸収する性質を持っているため、ニオイを消すことは難しく、そのような場合は、金属の入れ歯にするとニオイを吸収することがないので、入れ歯そのものの嫌なニオイを解消することができます。

・入れ歯の変形について
入れ歯を何年もの間使っていると当然、磨耗したり擦り切れます。
得に樹脂の入れ歯は耐久性があまりないため、変形しやすくなっています。
数年で割れたり欠けたりグラグラする場合もあります。
金属の入れ歯にすれば変形に耐え、丈夫で長持ちするので入れ歯を作る場合は、金属製のものも考慮してみて下さい。

・入れ歯は歯科技工士に作ってもらう
入れ歯を歯科医に頼んで発注することもできますが、直接歯科技工士に作ってもらうとその分安く出来ます。
歯科技工士は医師の指示書に従って作るので、診察や装着はできませんが、補てつ物としてスペアを作っておくとよいでしょう。
データは歯科技工士のところにあるので直接連絡しますが、最終調整は歯科医師のもとですることになっています。

・山本式総義歯能率判定表
入れ歯の噛み合わせや、入れ歯が口に合っているかどうかを調べる判定表があります。
山本式総義歯能率判定表といい、食べ物の硬さによって点数分けしてあります。
6点以上が好ましく、4点以下なら入れ歯が合っていないということになります。
表は、
①1点:スープ
②2点:おかゆ、とうふ、プリン
③3点:まぐろのさしみ、うなぎ蒲焼、はんぺん、ごはん
④4点:いかのさしみ、ハム、かまぼこ、こんにゃく、ちくわ、固いビスケット、おこわ
⑤5点:とり貝、酢だこ、なまこ、くらげの酢の物、らっきょう、貝柱の干物、おこし、するめいか、フランスパン、ビフテキ
⑥6点:雑煮餅、古たくあん、生あわび、ピーナッツ
などに分類されます。

・日本の入れ歯治療の遅れについて
日本の入れ歯治療が遅れている最大の原因は、入れ歯に対する感心の低さがあげられます。
日本人は歯に関する知識は乏しく、正しいケア方法を知らない方も多く入れ歯人口はどんどん増え、若年層でも入れ歯を必要とする人が目立ってきています。
それは、患者が入れ歯に対する知識が少なすぎるからです。
今は日本でも、最先端の技術で世界最高水準の入れ歯も作ることが可能なので、正しい知識を身に付け選べば、クオリティの高い入れ歯を使用することができます。

スポンサードリンク
 
入れ歯の悩み! TOPへ 入れ歯について 入れ歯の臭いと変形、判定