入れ歯の実情、管理と試着:入れ歯の悩み!

入れ歯の実情、管理と試着

・入れ歯業界の実情
技工の実技が医師の国家試験から外されてからは、進んで勉強する医師も少なくなり、入れ歯のことをあまり知らないので歯科技工士に指示をする際に何も書かない場合もあるみたいです。
そして歯科技工士は、労力が掛かる割には収入もあまりよくなく、辞める人も少なくないと言われています。
国家試験をパスして資格を得たにも係らず、それが報われないシステムになっているようで、そのような理由から歯科技工士は数をこなさなくてはならず、その結果質の悪い入れ歯が流通するという悪循環になっている場合もあるようです。

・新しい歯科医療システム
現在では、歯科医を経由して歯科技工士が入れ歯を作り、出来た入れ歯をまた歯科医に戻して患者が受け取るという方法が一般的ですが、それを診察は歯科医で行い、その後の入れ歯の作成や調整などは歯科技工士と直接やり取りする方法を取れば、今まで不透明だったお金の流れも把握でき、時間とお金の節約にもなり安心して入れ歯を作れるようになるでしょう。

・入れ歯のスペアを管理するシステム
入れ歯は、使用している人にとっては、食べるのに必要なものです。
つまりそれは生きるのに必要ということであり、もし入れ歯にトラブルがあった場合に、入れ歯が直るまでの間は他の入れ歯を代用したりできないので、入れ歯のスペアを作って保管しておくシステムが必要です。
現在はこのようなシステムはありませんが、もし、災害や事故などがあったときのために、すぐにスペアが作れるようにしておかないと死活問題となり得る可能性もあります。

・入れ歯の試着
入れ歯を買うときに、服や靴などと同じように試着をしてみることが必要です。
入れ歯は使ってみないと使用感はわからないので、体験用の入れ歯を使うなどして試着し、できるだけ自分に合うように作るべきなのです。
入れ歯はデリケートで、決して安くはない買い物なので購入前に納得できるまで試してみることが大切で、まだこのようなサービスをしている歯科医は少ないですが、これからはもっと増やしていく必要があるでしょう。

スポンサードリンク
 
入れ歯の悩み! TOPへ 入れ歯について 入れ歯の実情、管理と試着