入れ歯のパーツ、保証:入れ歯の悩み!

入れ歯のパーツ、保証

・入れ歯を構成するパーツ
入れ歯を構成するパーツは、歯の土台となる床には、合成樹脂(レジン)と、金属(金合金、コバルト・クロム、チタン)のどちらかが使われます。クラスプやバーにも同じ金属が併用されることが多く、入れ歯を作る際に気をつけなくてはいけないのは、見た目よりも噛むときの物凄い力を支える床部分やクラスプなどを重視すべきでしょう。

・ドイツ「BEGO社」
BEGO社は、ドイツのブレーメンに本社を持ち、110年以上のもっとも歴史がある歯科技工専業メーカーです。
金属床関連だけではなく、クラウンブリッジ関連でも世界トップクラスの地位を誇る超一流のブランドメーカーです。
実際に品質保証の面で、国際規格を取得していますが、製品の設計、製造、品質など、すべてにおいて最高水準であることをあらわす世界的な証明書です。
このBEGO社で使われているウイロニウムもまた、世界的に高品質でもっとも安全な金属として知られています。ちなみにこのウイロニウムは「IWC」(International Wironium Circle)の資格を持つ歯科技工士に限られています。

・入れ歯の保証
入れ歯は、繊細でしかも代用が利かないものなので、予期せぬトラブルなどが発生した場合のために保証期間を設けるべきです。それとともにスペアを作り、故障や損失などにも対応出来るようにしておき、万全なアフターケアが必要です。

・院内感染への対処法
歯科医院で、さまざまな菌に感染するケースが多く、歯科医では歯を削るのにエアタービンを用いますが、その際、粉塵とともにいろいろな菌が飛び散ってしまいます。
そしてその使用済みのエアタービンは、アルコールで拭き取るのが一般的ですが、この方法ではB型肝炎のウイルスなどは取り除けません。
院内感染を防ぐにはBK除菌法を用いるのが、今現在最も安全で効果的とされています。
BK除菌法とは、15秒間スーパーオキシドイオンを含む中性機能水で手指や器具を洗浄します。それだけで、これまでアルコールでは除けなかった細菌も取り除くことができるのです。

・入れ歯職人の心構え
入れ歯職人というのは、ひとりで閉じこもって作業することが多いので世間との交流が少なく「井の中のかわず」になりがちですが、それでは新しい技術や知識を得ることはできません。患者に満足してもらえる入れ歯を作るには、常に最先端の情報をキャッチしておかなければいけません。

スポンサードリンク
 
入れ歯の悩み! TOPへ 自費診療、保証 入れ歯のパーツ、保証