入れ歯自費診療のメリット:入れ歯の悩み!

入れ歯自費診療のメリット

・自費診療について
自費診療は保険診療に比べれば時間もお金もかかりますが、それはひとりひとりに合ったオーダメイドの歯を作るためには必要なことなのです。
合わない入れ歯で10年、20年も毎日つらい想いをすることに比べれば、お金と時間を費やしても自費診療で入れ歯を作る価値は充分にあると言えます。
自費診療を行っている歯科医院は、ローンを組めるところもありますので、治療も受けやすくなっています。

歯科材料は現在進行形で新しい優秀な材料が開発されています。
本来なら歯科医はそれらを保険適用内で使用したいところですが、国の歯科医療に支出できる費用が限定されているために、やむをえず自費診療という形をとっているところが多いのです。
よりよい歯科材料を使用すると、高度な技術も使え、違和感の少ない装着感のいい入れ歯を作ることが出来ます。
材質自体を強度の高い優れたものが使えますので、耐久性も一段と向上します。従って、自費診療であっても“良い入れ歯”を求める方は多いのです。
また自費診療ですと、一定期間置きにメンテナンスに行くことが必須ですが、補償期間を設けているところも多く、自費診療のメリットはかなりあると言えます。

・自分に合った入れ歯を作るためには
入れ歯を作る際に、自費診療であれば自分に合う入れ歯をじっくり作ることができます。
入れ歯を作った後の粘膜の当たる部分に、裏層剤という軟質なものを塗って一ヶ月くらいで型を取り、筋肉の動きや粘膜を正確に再現した上で石膏を流して作ります。
これを筋形成法と呼びますが、裏層剤の微調整のために患者に何度も試してもらうので、時間もお金もかかります。その代わり、より快適な入れ歯が作れるので余裕があれば自費診療をお勧めします。

・自分の雰囲気に合った入れ歯を作る
入れ歯は、年齢や身体とのバランスを取って作らないと、顔はシワだらけなのに歯だけが真っ白で完璧に並んでいるのも不自然に見えます。
保険診療ではあまりそのようなことに対応できませんが、自費診療なら顔や患者の雰囲気に合わせて作れるので、気になる場合は自費診療で入れ歯を作りましょう。

スポンサードリンク
 
入れ歯の悩み! TOPへ 自費診療、保証 入れ歯自費診療のメリット